ザオバ

CONTENTS

2020/01/29

IFBBプロKODAMA SHINさんがオープンしたジム「HERO GYM」

2019年7月、豊島区の目白にオープンしたジム「HERO GYM」。

こちらのジムは今年の5月に日本人2人目のボディビルIFBBプロとなったKODAMA SHINさんが、「誰でもHEROになれるGYM」ということをコンセプトに、造ったジムです。

 

ジム内にはHERO GYM代表取締役会長でありIFBBプロのKODAMA SHINさんの写真が

 

HEROGYMはコンセプト通り、黒を基調とした非常にスタイリッシュなジムとなっており、数々のSNSにて紹介されているように日本では珍しいプレートローディングマシン「TORQUE」が8台も導入されているジムでもあります。

今回はそんなHEROGYMに訪問し、KODAMA SHINさんの弟様であり、代表取締役社長である児玉 滋さんとジム専属パーソナルトレーナーであるポパイ関根さんにお話を伺ってきました。

 

左が代表取締役社長の児玉滋さん、右がパーソナルトレーナーのポパイ関根さん

-黒を基調としたライティングも素晴らしいジムですが、HERO GYMのコンセプトを教えていただけますか?―

児玉滋さん(以下 児):兄がボディビルダーで5月に16年ぶりに日本人2人目のIFBBプロとなったということもありますが、ボディビル競技者をはじめ、コンテストに出場している選手やアスリートなどのハードユーザーの方々に満足していただけることを目指しました。またそれでいてトレーニング初心者などのライトユーザーにも使い易い器具も取り揃えてますので、幅広い方にご利用頂きたいと思っています。

 

黒で統一されたライティングにもこだわりのあるジム内

―黒で統一しているこだわりを教えていただけますか?―

児:HEROGYMに通っていることがステータスになるような、またトレーニングのモチベーションがあがるように格好いいジム作りを目指し、黒を基調にし、ライティングにもこだわりました。SNS映えするようなトレーニング写真や動画が撮れるのでお客様にも非常に満足いただいています。

 

 

―韓国ではプレートローディングマシンと言えばTORQUEですが、日本では他の有名メーカーもございます。そんな中、あえてTORQUEを選んでいただたいた理由はございますか?―

児:兄がフィットネスやボディビルの先進国である韓国のボディビルダーの選手などから情報収集して、選定しました。アジア人向けの作りで非常に使い易く、すぐに導入を決めました。兄がこだわりぬいて選定したマシンですし、日本ではまだHEROGYMでしか使用できないという点も魅力だと思います。

 

 

ワイドプルダウン(リア)

―TORQUEで1番人気なのは実は背中を鍛えるワイドプルダウン(リア)なのですが、ジムをオープンしてみて1番評判のいいマシンは何ですか?―

 

ポパイ関根さん(以下 関):一つに絞るのは難しいですが、背中のマシンは全般的に人気がありますね。TORQUEは背中を鍛えるマシンが非常に充実しているので、特にビジターの方は、背中のトレーニングをされに来る方がほとんどですね。

 

―なるほど、確かに背中を鍛えるマシンが非常に多いですよね―

 

児:はい、それは兄のこだわりでもあります。

もちろん、どの部位のトレーニングも満足して帰っていただけるようにしておりますが、特に背中のトレーニングは自分で見ることが出来ないので非常に難しいんですよね。そういう意味であらゆる角度や軌道で背中を刺激できるTORQUEのラインナップで、効果的にトレーニングしていただければという想いが大きいですね。

 

 

―女性の方もTORQUEを利用されてますか―

関:はい、問題なく使用していただいています。

それぞれの筋力のレベルに応じて軽いプレートを付けたり、プレートなしでもトレーニングしていただいていますので、男女問わずご利用いただいていますね。

 

 

児玉さん、関根さんありがとうございました!

HERO GYMは素晴らしい設備と内装の児玉さんのこだわりが詰まった、その名の通り誰でもHEROになれるジムでした。

 

■TORQUE導入事例ページはコチラ

 

取材ご協力

HERO GYM
https://herogym-nexth.com/
〒171-0031
東京都豊島区目白2-5-27 メディカルロード1F B1階
TEL:03-6914-0683
池袋駅から南に徒歩約15分
地下鉄副都心線「雑司ヶ谷駅」から徒歩3分

 

 

 

一覧へ戻る

この記事をシェアする